サラリーマンの副業のススメ:「自分の運命を変えたい」と心から願う君へ

サラリーマンの方で、将来に不安を感じながら毎日汗水たらしてお仕事している方はどのくらいいらっしゃるんでしょうか。

入社以来、順調に出世街道歩み続いており、それに伴い給料も毎年しっかりと上がり続けているサラリーマンの方々であれば、将来に不安を持っている程度はそれほど高くないかもしれません。そのような順風満帆なサラリーマンの方は、副業を考えるよりも本業に注力してキャリアのさらなる成功をつかんだほうが得策かもしれません。

しかしながら、そのようなサラリーマンの方は大企業に勤めているエリートサラリーマンの方々で少数派ではないかともいます。

多くの方は、出世も昇給もなかなかうまくいかず、逆に社会保険や年金の負担増で支出だけが増え、生活がますます苦しくなっているサラリーマンではないでしょうか。

または、支出増の問題以前に、仕事に遣り甲斐を感じず、毎週金曜日が待ち遠しいというサラリーマンの方もきっと多いでしょう。

そのような将来に不安を抱えるサラリーマンの方々に提案したいのは、「サラリーマンのまま副業する。」と言う選択肢です。

そこで今回は、サラリーマンが副業始めるときにはどのようなステップを踏んでいくのが良いのかを解説します。

サラリーマンが副業を決心するタイミング

将来に不安を持っており向上意識の高いサラリーマンの方々は、きっと「このままではダメだ。」と毎日モヤモヤした日々を過ごしていると思います。

そんな中、自分で遣り甲斐のある仕事を求め、「副業をしよう。」と普段からボンヤリと考えているサラリーマンの方が、腹を決めて副業を決心するタイミングがあります。

それは以下の3つの通りです。

■異動になったとき:
サラリーマンである以上、自分の進路、運命は会社に委ねる他ありません。会社にもよりますが、基本的にこれは突然やってきます。より遣り甲斐のある部署への異動でしたらいいですが、そうでない場合は、毎日の仕事が更に退屈になったり、仕事に対するモチベーションを下げてしまうことになるでしょう。そのため、異動を機に将来の退社も考えて副業しようと決心するサラリーマンの方々も多いです。

■1.上司が変わったとき。:
自分の上司を選べないのがサラリーマンの定めです。人間関係はサラリーマンの運命を大きく変えますので、ある意味異動以上に重要です。

つまらない仕事でもいい上司にあたれば学びは多く、将来の糧になります。逆に、どんなに魅力のある仕事でも、嫌な上司にあたると、精神身体共にボロボロになってしまうことも多々あります。

そんな場合、これを機に思い切って副業しようと決心するサラリーマンも多いです。

■2.自分の中で何かが弾けたとき:
誰かに会ったり話を聞いたりして、今までの自分の価値観が大きく変わり、それで副業を決心するケースもあります。

特に普段から副業をボンヤリと考えていた人であれば、ある人の一言で背中を押してもらうケースもきっと多いでしょう。

●3.副業思い立って実際に始めるまでの期間
副業を思い立ったら、次はどのビジネスで副業を開始するかを検討していきます。
ビジネスプランは数日で完成できるものではありません。(仮にできたとしたら、それは失敗する可能性が高いです。)

ビジネスプランは、市場調査をしたり、競合調査をしたり、試行錯誤しながら6か月、ときには1年ぐらい時間がかかる場合もあります。

少しずつ慌てず怠けず着実に準備をしていくようにしましょう。

サラリーマン副業でおススメの鉄板ネタ

サラリーマンが会社を辞めずに、副業で始める鉄板ネタは、ずばり「人に教える仕事」です。つまり、コンサルタント、講師、先生、〇〇教室などのビジネスが最適でしょう。

■1.自分の強みを活かすことができる。
まず、これらの仕事は、自分の強みを活かすことができます。
それは必ずしも現在のお仕事現場である必要はありません。自分の趣味、得意分野など人に教えることが出来るようなものが少しでもあれば、それは副業となりえます。

そういうと、「私なんかに何も特技はありません。」という人が必ずいますが、そんなことはありません。絶対に人には何か教えられることがあるものです。

■2.在庫が不要。
コンサルタント、講師、先生、〇〇教室などのビジネスは、在庫が不要と言うところも大きな強みです。会社員のまま副業で始めるのであれば、まずは小さく始めると言うことが鉄則です。それを考えると、在庫のない人に教えるコンサルタント、講師、先生、教育ビジネスなどが最適です。

——————————————–

無料メール講座「会社員と起業家の7つの違い」

動画講座の他に無料メール講座「会社員と起業家の7つの違い」を7回に渡って配信しています。
ご登録はこちらから

無料キャリア診断「究極の人生岐路診断」

全ての会社員の方へ。今のあなたの思考から5年後が分かる。
無料診断はこちらから

会社員のための起業相談会

起業や副業で得ることができるのは、決して副収入だけでありません。それ以上に、自分の眠っている能力を社会で発揮することで、生き甲斐、遣り甲斐、社会における自分の存在意義などが明確になるはずです。
※詳しくはこちらから。

MBA起業アカデミー会員さん募集中

※詳しく聞きたい人はまずは無料説明会にご参加ください。